TOC(制約条件の理論)とは、組織のボトルネックを重点的に改善し全体最適を実現する経営理論です。

営利企業共通の目的は「現在から将来にわたって儲け続けること」です。ゴール達成のための企業収益の鍵を握る「制約条件」にフォーカスする事により、最小の努力で最大の効果(利益)をあげられる経営管理手法がTOCです。

「工場の生産性はボトルネック工程の能力以上は絶対に向上しない。」1980年代前半イスラエル出身の物理学者ゴールドラット(Eliyahu M. Goldratt)博士が提唱した原理こそが、生産性を飛躍的に高め、在庫、仕掛が劇的に減少する事を実証し、それをTOCとして普及していきました。

TOCを世に広めた小説「The Goal(ザ・ゴール)」は21カ国語に翻訳され、全世界で400万部近を超える大ベストセラーとなっています。

TOCは、市場需要の開拓や企業内の根深い対立を伴う問題に対処する「思考プロセス」、従来会計の問題点を克服しキャシュフロー最大化の視点から意志決定をサポートする「スループット会計」を提唱し、工場内の改善から企業全体の収益を最大にする経営革新手法に発展しています。

国内でTOCを導入している企業は、富士通、NEC、エプソン、日立ツール、日立金属など大手製造業を中心に数十社、世界では、航空機、自動車、半導体、化学、鉄鋼といった企業やアメリカ軍、自治体、医療機関、幼児教育など多岐にわたり目覚ましい成果が報告されています。

※ ゴール・システム・コンサルティング株式会社 TOC(制約条件の理論)概要より一部抜粋

ばりあTOC

セミナー開催お申し込み

「ばりあTOC」のセミナー開催の依頼フォームです。

通常のTOCセミナー、マスマス、夢新聞、につきましてもこの依頼フォームにてお受けいたします。